« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.27

Google Maps Satellite

Googleのサービスの一つで、世界中(!)の衛星写真をかなりの解像度で見る事ができる。多少ネットワークの帯域が必要ですが…
ウランバートルはここ。大きな道路が判る位までは拡大できる。まんなかの大きな四角がスフバートル広場、僕の職場の科学技術大学はその右の方です。
懐しのNTC(JICA二本松訓練センター)は多分このあたり。右下の市街地が岳温泉だと思われる。
東京だと解像度がすごく高く、家を一件づつ分離できる。僕の出た高校はこれ。実は卒業当時からずいぶん姿が変っていて、昔校庭だった所に大きな白い校舎が建っている。僕がいた頃の校舎は北側の二列の建物だけど、今はもう取り壊されてしまったんだろうな…
こういう事が、ロンドン、パリ、北京...と世界中できるわけだ。地図も面白いけど、写真というのもインパクトがある。JOCVの人は、自分の任地を見てみると面白いのではないでしょうか。ついでにURLを教えてもらえると嬉しいです。みんながどこに居るのか見てみたい。

| コメント (3) | トラックバック (1)

2005.06.26

テレルジ再訪

以前行ったウランバートル近郊の観光地、テレルジにもう一度行った。今回はJICA主催で、首都近郊のJOCV約20人で一泊。かなり奥まった所の、谷間のキャンプ場だったのだが、人気が少なく、静かな感じでよかったな。前回は風景が茶色っぽかったけど、今は夏なので草原は一面の緑。日差しは強くて暑いが日陰に入ると風が心地良い。北海道の夏のようだ。写真はキャンプ場の裏の岩山の上にある巨岩。いまにも落ちそう。

Rock on the hill

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.23

ウランバートルは今

今現在のウランバートルの天気と時刻を左側に表示するようにしてみた。
天気はここ。 http://www.wunderground.com/
時刻はここ。 http://www.clocklink.com/
ちゃんとリンク張れるかな?

本来日本と時差一時間なんだけど、今はサマータイムで同じ時間になる。天気も夏だからわりと普通の値だけど、冬になったら一時間ずれて-30℃とかになって、若干外国気分が出るのではないかと。今の時期でも、アフリカや南アメリカにいる人達には時差を感じて頂けるかと思います。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2005.06.18

初ハイキング

ウランバートルの裏山に登りました。家からタクシーで10分、そこからのんびり歩いて一時間くらい。眼下にはウランバートル市街。双眼鏡か何かあれば、自分の家が見えそうです。夏になったので草原が緑に染まり、なかなか良い感じ。モンゴルのイメージにぴったりです。家からすぐなので、また来ようと思います

Scape of Ulaanbaatar city.

| コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.17

食べているものなど

ある日の昼食。大学の学食にて。
シュニッツェル(ひき肉の揚げ物。クラレットの肉の天ぷら風と言えば判る人には判るのではないか)、マントウ(具のないまんじゅう)、ノゴトイシュル(野菜スープ)で1200トゥグルグ(120円)。実感としては600円位。
見て判るように、残念ながら「モンゴル料理」というのはあまり無いんですな。シュニッツェルはロシアからだろうし、マントウ、揚げ餃子のホーショールや肉まんのボーズは中国から。遊牧民の厳しい生活では、食事に凝る余裕というのは無かったのかもしれない。わりと料理好きな僕としては残念至極。
ただし、フォローするわけではないけど、一度だけ行った遊牧民の家で食べた料理は、なんの変哲も無い汁そばとかおかゆだったのに、どれもとても美味しかったことを付記しておく。

Lunch

| コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.16

モンゴルにおける今のところ一番の衝撃

モンゴル人はアイスが大好き。歩きながらアイスを食べている人がたくさんいる。僕も買って食べてみたのだが…

口に入れた瞬間「○△×□!?!」想像もしない味が口の中いっぱいに広がった。形容し難いが、あえて言えば甘くないカルピスに酢をたっぷり混ぜたような。この味はどこかで覚えがある、と思って記憶をたどると、遊牧民の家で食べたアーロール(ものすごく硬い乳製品。チーズの一種?)だ。じっくりとパッケージを見ると「Aarztai」(Aarz入り)と書いてある。家に帰ってAarzとは何物か調べると「酸乳から作った凝乳の一種」。まあアーロールみたいなもんだろう。あれをアイスにするとは、恐るべしモンゴル。
日本で言ったらなんだろう。干し納豆アイスだろうか。
あ、アイスは捨てずに全部食べました。なんとなく、将来また食べる事になりそうな気がします。怖いものみたさというか。

Icecream with sourcream.

| コメント (4) | トラックバック (0)

2005.06.15

アヨルタエ

自宅近くの大通りにて。片側三車線の道路を人が渡っています。向こう側の車線は渋滞しているので車は止っていますが、手前の車線はガンガン車が走っています。でも、皆気にせず道路を渡っていきます。ウランバートルの交通事情は大変悪く、はっきり言って、道を渡るのはとても怖いです。夏はいいけど、冬になったら路面は凍結するわすぐに暗くなるわ、今から憂鬱です…
ちなみに、タイトルのアヨルタエ(ayortae)とは「危い」の意。

Enkh taiwan street

| コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.14

増水

この所の雨のせいか、家の前を流れるセルベ川が増水している。普段は簡単に歩いて渡れる程度の川なのに、今は川面が波立っている。
写真の真ん中の犬みたいなものは、牛。川縁で放牧されているのだ。夜中はどこに帰るのだろうか…

Swollen river and range cattle

| コメント (2) | トラックバック (0)

御馳走

同じ大学に勤務のシニアボランティアの方の家で食事会。奥さんが一緒に来ていて、すごい御馳走を作ってくれていた。こういう正しいパーティを見てしまうと、料理長と名乗るのが恥ずかしくなりますな。たき火で肉の塊を焼くとかは得意なんですが。

Banquet

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.12

ホーミー

モンゴルの伝統的な歌唱法でホーミーというのがある。同時に二つの音が出るという、なかなか凄い歌い方なのだが、実は今これを習っている。
…といっても、入院騷ぎで一ヶ月振り二回目というていたらくなのですが。先生が歌っているのを間近で聞くとやっぱり大変かっこいいのだが、二年で出来るようにはならないだろうなあ。

| コメント (4) | トラックバック (0)

Skype続報

今度はSkype同士で、協力隊の同期のヨルダン派遣の人と話した。時差6時間だから、地球を1/4周しただけ離れているのだけど、全く距離を感じない。しかも無料。僕は首都隊員なので同じ街に日本人は300人以上いるけど、彼の町には日本人は二人しかいないらしい。でも、ネット上ではそういう違いは全く無く、日本でディスプレイに向っているのと変らない。ものすごい話だ…
昔の協力隊では通信手段は手紙しか無く、連絡取るのに数ヶ月かかるのはあたりまえだったと言うから、今はもう全然違う環境なんだろうなあ。もちろんこれはコンピュータ隊員同士というのが大きいのだが。モンゴルでも、通信手段は衛星携帯だけという人もいるしね。

| コメント (5) | トラックバック (0)

2005.06.10

Skype

インターネット電話(なのかなあ?)のSkypeというのを使ってみた。パソコンから普通の電話にかけられるのだ。試しに日本の友達に電話してみると、約一時間しゃべって1.2ユーロ(約150円)。これは結構凄い。改めて調べてみると、メールのシグニチャにSkype Nameを書いている人が協力隊の同期でわりといるのね。という事は、世界中の同期と無料で会話できるわけか…
なんて感動しているのですが、これって今までメッセンジャー系のソフトを使っていた人にはあたりまえの感覚なのかなあ。実はこれまでメッセンジャーって使った事が無いもので。でも、こういう判りやすい例があると、改めて技術の進歩ってすごいと思います。とてもコンピュータ技術で働いているとは思えない発言ですが(^_^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨入り

関東地方は今日梅雨入りしたらしいですな。こちらは夏になると雨が降るみたいですが、最近は晴の日が続いています。もともと極度に乾燥した国なので、日本のような土砂降りの雨というのは多分無いんだろうなあ。同期で東南アジアに行った人が何人かいるけど、同じアジアといっても彼らの国とは随分違います。モンゴルは、どちらかというと東欧に近い感じ。まあ、東欧に行った事はないんだけどね。

Summer cloud

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.09

モンゴルの夏は6〜8月。最近急に町中に緑が増えてきて、夏めいてきた。山の向うの雲も、どことなく入道雲のようだ。写真は家の前を流れるセルベ川とウランバートル南側の山並。モンゴルに来た頃は山の地肌が見えて寒々しい風景だったのだが、今はすっかり緑に覆われている。で、真ん中あたりの赤いアパートが僕の家です。

Selve river.

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.05

焼きリンゴ

入院した時に、お見舞でリンゴを大量に貰った。早い所食べないといけないので、焼きリンゴにしてみた。なにしろ台所にはオーブンがあるので、使ってみたかったのだ。焼きリンゴを作った事なんてないのだけど、みようみまねでも何とかなるもんですな。なかなかおいしかった。オーブンはなかなかよろしい。今度は鳥を焼いてみたい。

Baking apple 3

| コメント (6) | トラックバック (0)

2005.06.04

昨日、今日と、なんとなく湿度が高い。モンゴルはもっと乾燥しているイメージがあるのだけど、夏は意外と雨が降るらしい。今日は同期皆で晩御飯を食べている間に、結構な雨が降ったようだ。家の窓から見る景色も、なんとなくしっとりした感じ。

Rainy day

| コメント (0) | トラックバック (0)

入院

しばらく更新できませんでしたが、実は入院していました。突然40度の熱が出て、病院に行くと肺炎との診断で、そのまま入院でした。熱はすぐに下ったのですが、なかなか出してもらえず、結局一週間程入院してしまいました。風邪をひいていたわけでもなく、原因が良く判らないのですが、多分疲れがたまっていたんだろう、という事でした。自分ではストレスを感じてはいないつもりだったのですが…
ともあれ、今は退院して元気に暮していますので、ご心配なく。

Hospital room

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »