« アヨルタエ | トップページ | 食べているものなど »

2005.06.16

モンゴルにおける今のところ一番の衝撃

モンゴル人はアイスが大好き。歩きながらアイスを食べている人がたくさんいる。僕も買って食べてみたのだが…

口に入れた瞬間「○△×□!?!」想像もしない味が口の中いっぱいに広がった。形容し難いが、あえて言えば甘くないカルピスに酢をたっぷり混ぜたような。この味はどこかで覚えがある、と思って記憶をたどると、遊牧民の家で食べたアーロール(ものすごく硬い乳製品。チーズの一種?)だ。じっくりとパッケージを見ると「Aarztai」(Aarz入り)と書いてある。家に帰ってAarzとは何物か調べると「酸乳から作った凝乳の一種」。まあアーロールみたいなもんだろう。あれをアイスにするとは、恐るべしモンゴル。
日本で言ったらなんだろう。干し納豆アイスだろうか。
あ、アイスは捨てずに全部食べました。なんとなく、将来また食べる事になりそうな気がします。怖いものみたさというか。

Icecream with sourcream.

« アヨルタエ | トップページ | 食べているものなど »

コメント

想像もしない味が口の中いっぱいに広がったと言えば、昔「青リンゴチョコ」と思って「わさびチョコ」を食べた時を思い出します。泣きそうでした。二度と食べたいとは思いませんでした。

投稿: platon | 2005.06.21 14:17

アーロール知ってるー!。その昔、私はトイレに行ってペッってしたけど(日本での話)

投稿: 慶 | 2005.06.22 02:35

わさびチョコは食べたことないなあ。醤油ソフトクリームは旨かったですが。アーロールはあまり好きではないけど、同じ乳製品のエーツゲルというのはおいしかったです。

投稿: 料理長 | 2005.06.22 11:56

ちなみに醤油ソフトはここで食べました。
http://harunire.cocolog-nifty.com/blog/2004/09/post_20.html

投稿: 料理長 | 2005.06.23 13:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モンゴルにおける今のところ一番の衝撃:

« アヨルタエ | トップページ | 食べているものなど »