« 少し早いですが | トップページ | ホジルト旅行記 二日目 »

2005.12.27

ホジルト旅行記 一日目

年末年始は、ロシア国境に近いボルガン県テシグ村ホジルトで過ごす事になりました。建築隊員二名が小学校の修繕に行くので、それの手伝いに行くのです。とにかく寒い所らしいので、荷物の大部分は衣料品。パンツ、Tシャツ、長袖下着、モモヒキ、靴下沢山、薄いフリース3枚、ダウンベスト、皮ズボン、膝丈のコート、雨具、毛糸の帽子、マフラー、目だし帽、手袋二枚。でも結果的には、村に滞在した10日間着替えなかった(!)し、部屋の中は15℃位あったので、持って行ったものの半分も使いませんでした。

さて、午前10時、JICAの四輪駆動車で出発。今日はゴルワンボラク村を経由して、ボルガン県の県都まで行きます。約8時間の予定。長い…

途中の食堂で昼食。僕は車酔いしやすいのでノゴトイシュル(野菜スープ)だけ。でも、野菜といいつつ肉もたっぷり入っているのはここがモンゴルだから。
Restaurant

走る事5時間、ゴルワンボラク村に到着。同上してきた村落開発隊員はここで降ります。写真は村役場。彼女はこの建物の中の一室に住んでいます。職住近接。
City hall of Golwanbulug village.

二時間ほど村に滞在してから再び車中の人となり、走る事約3時間。ボルガン県の県都につきました。ここには隊員が3人暮らしています。別の街(飛行機で三時間!)から来た人も含めて日本人7人が集まったので、ちらし寿司等作って頂いてパーティー。今日はここに泊まり、明日いよいよホジルトに入ります。

« 少し早いですが | トップページ | ホジルト旅行記 二日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホジルト旅行記 一日目:

« 少し早いですが | トップページ | ホジルト旅行記 二日目 »