« エイプリルフール | トップページ | 死ぬまでにしたいことベスト10 »

2006.04.04

先輩隊員の帰国、そして一周年

土曜日に先輩隊員の送別会(兼新隊員の歓迎会)がありました。丁度一年前の隊次で、仲良くしてもらった人も何人かいます。人を送り出すのはこれで三度目になりますが、そろそろ馴染のある顔が増えてきました。モンゴルでは毎週のように顔を見ているのに、帰国したらもう会う事の無い人もいる事でしょう。これまで何度も繰り返している事なのに、今回は特に寂しい…

そして、今日はモンゴルに来てちょうど一年目です。一年前の今日の深夜、ボヤント・オハー空港に到着し、真っ暗な中を車に揺られていたのを覚えています。その時は、一年後どんな暮らしをしているかなんて想像もできなかった。改めて思い返してみれば随分いろんな事をしている筈なのですが、語るに足る事は何一つしていないようにも思える。やろうと思っていた事はもっと沢山あった筈なのに、日々の生活は楽な方へ流れていってしまうんですね。あと一年、何か一つでも「モンゴルでこんな事をしてきました」と言えるようにしたいのですが。

« エイプリルフール | トップページ | 死ぬまでにしたいことベスト10 »

コメント

はやいよね。もう一年。
なんだかあっという間だった。
わたしもまだ何にもしていないように思う。
でも色々したようにも思う。
でもなんだか一年にしては短い気がするね。ここにいるとほんとうに別れ多いよね。
って事は出会いも多いんだけど。。。

投稿: あや | 2006.04.05 01:47

日本にいて、自分の家で過ごす一年とは明らかに違うはずでしょう?

何かをしようとしてモンゴルに行った・・・でも最初は環境に馴染むのがやっと。そう考えれば、これからの一年でバンカイするための助走。

でも、異国の地で支えあった仲間との別れは辛いね。そのうち見送られる側に立つことも考えると深いです。

一日一日を心に刻むように大切に。頑張ってください。初夏には応援団(?)が行きますので。頼りないけどネ。

投稿: ゆきこ | 2006.04.05 06:34

来たばかりで何もわからない新隊員と
2年間過ごしてきて何でも知っている先輩隊員
数日ではありましたが同居させていただき
いろいろ生活の知恵になるような事を教えていただきました
ホント感謝の気持ちだけです

投稿: o-zeki | 2006.04.05 15:25

あやさん>
これだけ定期的に出会いと別れがある環境というのもすごいですよね。特にモンゴルでは、首都に30人近いJOCVがいるので、日常的に会う人が多いのです。

ゆきこさん>
日本と違う環境の中で、もっといろいろな事ができたような気がします。でも、ウランバートルで自分の家にいる限り、日本にいるのとあまり変らずに過ごしてしまってもったいないように思うのです。

o-zekiさん>
今回帰った15-3は私のちょうど一年前。o-zekiさんにとっての私の隊次です。一年後、私が帰る時、o-zekiさん達はどんなふうに思うんでしょうか…

投稿: 料理長 | 2006.04.05 20:44

ほんと、早いですね!!!来てからもう一年が経ってしまって、同じように一年が経つと思うと。。。なんか1年という言葉は重い響きがありますね。前に先輩隊員を送り出したときは思いもしなかったけれど。

全ての変化は自分が行動することから生まれると思います(他人に期待してもしょうがないので)。お互い行動していきましょうね!

投稿: alumis | 2006.04.05 22:43

いろいろな同期のウェブページで、一年という事に触れていますね。やっぱりみんな、いろいろな事を思うようです。
トラックバックありがとうございます。半年に一回くらいTBされるみたいです(^^;

投稿: 料理長 | 2006.04.06 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先輩隊員の帰国、そして一周年:

» [生活] 春です。 [辛苦(たしな)みつつ]
ここに来て約1年。時代が動いているのを感じます。えー、ほんと。来た当初は全員先輩隊員だったんだけどね。今じゃ前から数えた方が早いです。そして、新しく隊員が来たり、新しく候補生になっている人もいますね。 どうやらルーマニアに来る新しい隊員のブログのようです。 [http://blogs.yahoo.co.jp/midun130:title] [http://aradorodor.exblog.jp/:title] あっというまだなぁと思うこのごろ。その割には語学上達してないな。そろそろ就職も考え... [続きを読む]

受信: 2006.04.05 22:45

« エイプリルフール | トップページ | 死ぬまでにしたいことベスト10 »