« フブスグル湖旅行 七日目 | トップページ | 最近のウランバートル »

2006.07.29

レバノンで起こっている事

写真の整理が終わっていないので、旅行記はしばらくお待ち下さい。もっと急いで書かなければいけない事ができました。


中東では、イスラエルがレバノンに侵攻しています。日本でどのように報道されているかは判りませんし、モンゴルでは時折ニュースになる位です。しかし、レバノンの隣国、シリアには協力隊の同期が派遣されており、彼等のwebページによるとレバノンからの難民がシリアに避難してきているようです。そのページのうちの一つで、レバノンの写真を載せたページが紹介されていました。

http://www.whylebanon.net/

このブログでは、政治や宗教について議論する事はしません。中東情勢にしても、私の思想をこの場で公開する事は避けます。ただ、今、レバノンで何が起きているのか、事実を見てほしいと思います。そして、自分のブログを持っている皆さんにお願いがあります。上記の写真のページ(http://www.whylebanon.net/)を紹介して下さい。ニュースの向う側で何が起きているのか、少しでも多くの人が知る為に。


人間がいる限り、戦いは終わらないのかもしれません。世界はこんなにも美しいのに。

« フブスグル湖旅行 七日目 | トップページ | 最近のウランバートル »

コメント

自分のブログに書きました。
少しでも多くの人に、この現実を知って欲しい...。

投稿: さよ | 2006.07.29 23:17

さよさん>
ありがとうございます。こういう戦場の写真って、日本の報道では流れないのでしょうね。テレビのニュースの後ろで、実際に何が起きているのか、想像するのは難しい事です。

投稿: 料理長 | 2006.07.29 23:41

レバノンこと。ニュースで見ているけれど
どうしてこんな・・・って思うものの
実際、レバノンで起きていることが、とても別世界のこと
にしか感じることが出来ない部分もあって、どこか
遠い世界の話を聞いている感じしかしない。

載せてくれたHPにも「何故レバノンが?」と
あったけれど、イラクの民兵組織とイスラエルとの戦いのために
何故レバノンという国やレバノンの国民があんな目に合わなくては
いけないのか、本当に意味が分からない。

できれば戦わないで欲しいけれど
やるのなら自分の国を舞台に、いや、できれば
戦いたい人だけすればいい、国民を巻き込むな!って思うよね・・

日本は平和ボケ、なんて言うけれど。平和ならそれでいいと思う。

投稿: kur | 2006.07.30 23:56

kurさん>
自分の知らない国の出来事について、何が起きているのか想像するのは難しい事ですね。その場所に知り合いがいると、身近な事として感じられるのですが。

投稿: 料理長 | 2006.07.31 00:20

After seeing the photos about "WHY LEBANON",I felt very shocked and sad.Sometimes we ask "Why?" for something that we can't control,but sometimes we can't get any good answer back.The greatest sorrow must be called "WAR"....
I'll show this website on my blog.Thanks Takeshi,through those photos,I'll treasure all happiness I've ever had. :)

投稿: | 2006.08.03 01:31

Is it Janny?
Because of middle east is far from Japan (and Taiwan), we usually don't take care about happenings.
However, if there are friends, feel uneasy...

投稿: 料理長 | 2006.08.05 13:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レバノンで起こっている事:

» ¿Por qué Líbano? [JOCV@エルサルバドル ブログ]
今レバノンで起きていること。 WHY LEBANON? [続きを読む]

受信: 2006.07.29 12:23

« フブスグル湖旅行 七日目 | トップページ | 最近のウランバートル »