« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.29

Шинэ жилийн мэнд хүргэе.

お久しぶりです。随分間が空いてしまいました。特に何かあったわけではないのですが、まあ強いて言えばネットワークが調子悪く写真がアップできないという事でしょうか。文字だけだとなんだか更新するきっかけが無くて。
そうこうするうちにクリスマスもあっさり過ぎさり、新年を迎えようとしています。去年の正月は結構すごい所に行っていましたが、今年はおとなしくウランバートルで過ごします。調整員のSさんの家に行くので紅白歌合戦や行く年来る年も見られる予定。今年も通信販売でおせち料理買ったし、準備万端です。来年の正月は日本で迎えるんだな…

表題はモンゴル語の「明けましておめでとうございます」。直訳すると「新しい年のあいさつを申し上げます」。結構そのままですね。では皆さんも、良いお年を。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.13

白黒

国連ボランティアで来ているMさんが以前「冬になると景色がモノトーンになる」と言っていました。それは僕がモンゴルで冬を迎える前の事でしたが、実際初めて迎えるモンゴルの冬はそんな感じでした。そのMさんも今週末帰国します。お疲れさまでした。そんな冬のモンゴルのひとこま。空が青い分、写真で見るとカラフルな感じもしますが。

River dried up
凍りつき、水の無くなったセルベ川。モンゴルでは氷は溶けずに蒸発します。

Bridge
歩行者用の橋。昔はここを鉄道が通っていたのだとか。橋のたもとに碑があります。

Bridge
こういう写真を撮るのが好きです。橋好き。

Frozen key hole
自宅入口、外に面した扉。水蒸気が金属製の鍵に白く凍りついています。

Frozen door
ちょうつがいも、凍りつく。


来年4月初め、日本に戻るまでこんな景色が続きます。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2006.12.12

クリスマス

日本はクリスマス商戦真っ只中でしょうか。モンゴルでも一応クリスマスは認知されています。今日、いつもの中華料理屋に入ると…

Christmas
クリスマスツリーだ。

Santa Claus
サンタさんだ。

Chinese beer and christmas decoration
ビールだ。
…いや、天井からきらきらしたものが吊り下げられているのに注目。これがモンゴルの飾り付けの定番です。

そして。

Going year
行く年

Coming year
来る年


去年の実績では、正月くらいまでクリスマスの飾り付けがしてあったような気がします。まあ多分、お祝いできればなんでもいいんじゃないかな。
まあ、適当な所もありますが、最近は雪が積っているので北国のクリスマスという感じでなかなか良いのです。

| コメント (7) | トラックバック (0)

2006.12.10

Virus

やられました。自分のノートPC(Windows XP)が。コンピュータを日常的に使い始めて15年程経ちますが、自分のコンピュータがウイルスにかかったのは初めてです。他の人のPCがウイルスにかかったのを駆除した事はあるのですが、自分のがやられるとは。油断でした。
一応アンチウイルスソフトは入れてあるし、Windows updateも自動的に行なっているのですが、しばらく家のネットワークが使えなくてパターンファイルが古かった時に、フラッシュメモリ経由で侵入されたみたいです。感染に気がついた後、何度検疫してもどこかに障害が残り、ゾンビのように復活するウイルス。結局最後はバックアップからシステム全体を復元したのですが、最新のシステムバックアップは何と二年前(^^; Windows XPのサービスパック2すら当っていない状態でした。ホームディレクトリ以下は毎週位の頻度でバックアップを取っているのでオリジナルのデータが消失するという心配は無いのですが、システムもこまめにバックアップ取らないといかんなあ、と痛感しました。
実害としては、バックアップした時点に戻ったら、購入したノートンアンチウイルスの更新キーが使えなくなってしまった事。古いメールを読み返してみたら「購入後2週間後はこのキーは使えなくなります」とかで、あと期間は半年残っているのに使えなくなってしまった。シマンテックに相談すればなんとかなるのかもしれませんが、アンチウイルスソフトが無い状態でインターネットに接続するわけにもいかないし、フリーのAvastを入れました。もともと来年6月に使用期限が来たらAvastに替えるつもりだったし、まあいいか。
しかし腹が立つなあ…

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.08

-20℃の真実

すっかり冬になりました。日中は-10℃、夜は-20℃程度まで冷え込みます。でも、数字を聞くと驚きますが、乾燥しているせいか意外と寒くはないものです。私が外出する時の格好は、Tシャツ、長袖シャツ、薄いフリース一枚、ロングコート。カシミアの帽子。下はジーパン一枚です。タイツとかも履いていません。これで大学まで歩いて15分位なら、特に問題ないです。ただ、歩くというのが大事で、バス停とかで動かずにずっと待っていたら、結構厳しいかもしれません。
もちろん寒さの感じ方は人それぞれで、モコモコに着ていても寒い寒いと言っている日本人もいますし、モンゴル人も大抵は厚いコートにマフラーをグルグル巻きにしています。もっとも、半袖の人を見かけた事もありますが。

Ice wall
おなじみ家の前のセルベ川。完全に凍りついています。なぜか氷を割って積み重ねている人が。何なのでしょう?

Blowing steam
街中には暖房用の温水の流れる管が張り巡らされています。時々蒸気が漏れているようですが、気温が-10℃位なのでこのようにすごい湯気になります。

Blowing steam
拡大するとこんな具合。マンホールからもうもうと湯気が立ち昇っているわけです。

Blowing steam in night
この日は夜になっても湯気が出ていました。いつもこんなではないけれど。

Night fall
夕暮れ。最近、こんな色になる事が多いです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.05

次は自分か

16年度2次隊の送別会がありました。仲の良い人が多い隊次だったので、彼らがいなくなるのは寂しい。でも、次の送別会では送り出されるのは自分です。2年などあっという間。次の二年は、どんな事が待っているのだろうか。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »