« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010.05.30

夏が来る

この半月ほどで街中に緑が溢れてきました。樹々も短かい夏を精一杯利用しようとしているのでしょうか。

Tree lined road
5月中旬。まだ木の枝に葉がついているようには見えませんが

Sprout
ちょっとだけ芽が出ています。

Sprouts
雨が降りました。少し芽が増えたかな、と思ったら、

Growing sprout
あっというまにこうなります。

Tree lined road
並木の緑と空の青のコントラストが美しい。

Shadows after rain.
たまに雨が降るとこんな感じ。普段見ない光の廻りかた。なにしろ半年振り位の雨です。もともと乾燥しているのに加えて冬は雪になってしまいます。


さて、話変って駅まで歩いていってきました。歩いて40分位ですが、今回こちらに来てから一番遠くまで来た感じ。随分出不精だったなあ。昨年9月に来てすぐに冬になっちゃったというのが大きいのですが。
Sleeper to Zamin-uud
中国国境の町、ザミンウド行きの寝台列車。来週ザミンウドまで行くので切符を書いました。

Stalin
駅の近くには機関車を集めた野外展示場がありました。ヘッドマークがスターリン…

Nightscape of Ulaanbaatar
再び歩いて家に帰る途中、知り合いから呼び出されました。近くのバーで飲んでるから来ない?と。多分モンゴルで一番高い建物。17階からの夜景。なかなかきれい。

Le Bistrot Francais
こちらはたまに行くフランス料理屋。暖かくなったせいか、夜になって外に出歩く人が多いです。暗くなるのも夜10時過ぎ。なんだか毎日、夏祭りの夜のような感じです。

| コメント (2)

2010.05.23

授業終了

昨日、担当している全ての授業が終りました。

前期は学部二年生にComputational Chemistryの講義と演習として主にGaussianの使い方を教え、後期は修士1、2年にQuantum Chemistryとして量子化学の理論的な基礎を、Nano Simulationとして実際の研究においてどのように計算化学的な手法を用いるかを分子軌道法を中心に教えました。

モンゴルにおいては、これまで計算化学に関する体系的な教育は行われていないようです。私がモンゴルで働く事を決めた理由の一つは、計算化学的な手法をモンゴルに定着させる事ができれば良いな、という気持ちでした。一年間の授業が終り、その目的が果たされたかというと正直に言ってできなかったと思います。学生に対する授業は行いましたが、大学の先生方に対しては何もしなかった。教材は置いて行きますが、私が帰国した後、計算化学に関する授業を行なえる先生がいるかというと難しいです。ODAでの援助も同じですが、担当者がいなくなった後にも続けられるような物を残していかないと、元に戻ってしまいます。僕が行なった授業は来年どうなるのか…

一方、個人的には学生に対して授業ができて満足でした。日本もモンゴルも大学生はあまり違いはありません。自分が学生の頃を思い出して懐しくなりました。彼等の中に一人でも計算化学を面白いと思ってくれた人がいれば、それで良いのですが。

前回モンゴルに滞在した時は青年海外協力隊で後ろにJICAのバックアップがありましたが、今回は完全に個人でモンゴル国立大学と契約しました。あと一ヶ月ありますが、これまで特にトラブルも無く過ごせたのは幸運でした。経済的な問題もあり、もう今後海外で働く事は無いとは思いますが、良い経験ができたと思います。

こちらは最近やっと暖かくなり、日によっては初夏のような陽気になります。そうかと思えば今日は気温6℃。今年の冬は特に寒かったようで、正月には-40℃も体験しました。三年弱を過したこの大陸性気候とももうすぐお別れです。6月になったらモンゴル国内を少し旅行する予定です。なにしろ昨年9月にこちらに来てから、一度もウランバートルから外に出ていないので。日本国内では旅行が趣味なのですが、こちらでは公共交通機関が貧弱なので腰が重くなってしまうのですよね。

冬のモンゴル国立大学一号館とチョイバルサン像。ありがとう。さよなら。
National University of Mongolia


…いや、まだあと一ヶ月あるんだけどさ。帰国は6月末です。

| コメント (4)

2010.05.10

タタール、韃靼、タルタロス

もう5月も中旬。授業もあと二週間程で終りです。あと二月もすれば帰国かあ…
流石にもうモンゴルに住む事は無いと思うので、もう少し日常生活を記録しておこうかと思います。

Canned foods
スーパーで売ってる缶詰。魚とかが多いかな。燻製鰯の油漬は非常にウマい。

Rahmen
こちらはカップ麺。中国製と韓国製が多いです。もっとも、ほとんど買う事はありません。

Flour
小麦粉25kgなど。現代のモンゴル人は基本粉食で、うどんや餃子的な物を作って食べているようです。最近は米も普通に食べるそうですが。

Green salad
すっかり毎週行くようになったフランス料理屋で野菜サラダ。バルサミコ酢と思われるドレッシングがウマかった…

Tartar steak
初めてタルタルステーキを食べました。生肉だけど、どこから仕入れているのかなあ。韓国料理のユッケの方が僕は好きな感じです。

Le Bistrot Francais
食後にコーヒー飲んでゆっくり。客の半分以上はヨーロッパ人。ウランバートルにこんなに外国人住んでるんだ、と思います。まあ僕も外国人ですが。

日本じゃフランス料理屋なんて入った事なかったしなあ。やはりこの国は北アジアとは言いつつヨーロッパに近いのかもしれません。

| コメント (3)

2010.05.01

春~spring

Friends?

あぁ 同じ視点で見ている 世界が
あぁ 二人微妙にずれてた


Birds flying

雪がやんで 寒さも消え 今年もあの季節が来る
あぁ春が来る


…名曲ですなあ。


昨日から突然暖かくなりました。今日は気温も15℃位まで上がり、ポカポカと暖かい気持の良い陽気です。家の前にある寺でゆっくりと。暖かさに誘われてか、お参りする人の数も増えています。冬が長くて厳しいだけに、暖かくなった時の嬉しさはひとしおです。なんせ一月は-40℃位まで下っていたわけですからね。

Ulaanbaatar sky

モンゴル高原の空は今日も青です。

| コメント (2)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »