« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011.01.29

山手線ウォーク 渋谷~池袋


より大きな地図で 山手線ウォーク 渋谷~池袋 を表示
前回は品川から渋谷まで歩いた山手線ウォーク。今回は渋谷から池袋まで歩きました。

Shibuya
渋谷駅前をスタート。いつも混雑しています。今回歩くのは山手線の西側の渋谷、新宿、池袋。どれをとっても大都会ですが、西武新宿線沿線に住む僕からすると新宿が一番馴染のある街です。渋谷はあまり縁がありません…

Harajuku station
原宿。今でも中高生は集まるのでしょうか?

Meiji zingu shrine
初めて明治神宮に入ってみました。こんなに深い森が都会の真ん中にあったとは。そして40年近く生きてきて、全く知らなかったとは。

Yoyogi station
代々木駅。これまた驚いた事に、新宿の隣にある駅なのに一度も降りた事が無いのです。今回は「意外と知らない」場所めぐりみたいになりました。

Romance-car
新宿駅を出るロマンスカー。これから小田原の方に行くんでしょうか。ちょっと乗ってみたい。

Shinjuku station
新宿西口。大都会ですなあ。このあたりは馴染があります。本当によく行くのは東口の方だけど。

Paella
駅ビルのスペイン料理屋で昼御飯にイカ墨のパエリアを。うまかった。

Shin okubo station
西武新宿を越えて新大久保へ。このあたりは流石に馴染深いです。世界各国のレストランがあって楽しい街です。

Takadanobaba station
ところが新大久保から高田馬場へ向う道は、アパートだけでほとんど店がありません。いつも西武線の窓から見てはいるのですが、歩いてみたらえらい長かった。

Mejiro station
目白駅。ここも降りた事は無い…のですが、以前時層地図持って散歩した時に通っていたので、ちょっと懐しかったりします。

Ikebukuro station
そしてゴールの池袋駅。西武線で来る事は無いのですが、中華料理の店が多いのでたまに食べに来たりします。あとサンシャインとか。むしろ大学の頃は友達と来てたかも?

この日はこの後新大久保に戻り、モンゴル料理屋で羊一頭を食べる大宴会が開かれました。楽しかったー

| コメント (0)

2011.01.18

パクチーハウス

東京にあるパクチー料理専門店「パクチーハウス」に行ってきました。パクチーとはコリアンダーの葉っぱの事で、見た目はミツバのようですが独特の(カメムシのような)匂いがあります。嫌いな人は食べられない位臭いですが、僕はわりと好き。モンゴルでは結構肉料理の上に乗っていました。

で、パクチーハウスは世界で唯一のパクチー料理専門店だそうで。ツイッターで「パクチーハウス行ってみたいな」と書いた所、何人か手を挙げたので行ってみる事になりました。場所は経堂。ちょっと行きにくい…

paxi house
胡麻和え。かなり甘く味つけしてありますがパクチーの匂いが残っています。流石。

paxi house
トマト、キュウリ、パクチーのサラダ。なぜかカスピ海風だそうで。

paxi house
羊肉の炒め物。これはウマかった。羊もパクチーもクセがあるので合うのでしょうか。

paxi house
かきあげ。天ぷらにすれば何でもウマいという気もしますが、揚げたせいかパクチーのクセはかなり弱くなっていました。

paxi house
根っこのキムチ。牛蒡みたいな感じでしたが、むしろクセがないです。

paxi house
ミミガー。パクチーは上に乗ってるだけでしたが、ミミガー自体が柔らかくてウマかった。

paxi house
サラダ。まさにパクチーを食べるための料理。あまり臭くはありません。

paxi house
トムヤムクンのスープの麺。

paxi house
何かと思いますが、

paxi house
中には羊肉の炒め物が。米はジャスミンライスというらしいです。少し芳香があります。

paxi house
んで、最後に食べたデザートがえらくおいしかった。右下が塩アイス。アイスクリームなのにしょっぱい。最初知らずに食べて衝撃を受けましたがおいしかった。山羊のチーズみたいな感じ?
右はチャイのシャーベット。シナモンがすごい効いています。僕は普段はシナモンは苦手なのですが、これはおいしかった。冷たいからだろうか。
奥の緑色のはパクチーとワインのシャーベットだそうです。多分。ワインはアルコール飛ばしてあるので大丈夫。これはさっぱりしていて、塩アイスと交互に食べると良かったです。

料理の他にも世界のビールやパクチーの入った酒が置いてありました。パクチー好きというか、エスニック料理好きな人は行ってみると良いと思います。

| コメント (4)

2011.01.16

チェリモヤとカニステル

チェリモヤとカニステル
タイトルが何の事だか判りませんが…

母親が沖縄に行ってお土産にトロピカルフルーツを買ってきました。
手前がチェリモヤ、奥がカニステル。どちらも大人の握りこぶし位です。皮はゴツゴツしていますが、押したらへこむ位。食べ頃だと思います。チェリモヤはパイナップルのような味という話ですが、どんなもんでしょうか?

mgmg…(賞味中)

チェリモヤは、酸味は無くて癖の少ないマンゴーみたいな味。繊維質はマンゴーやパイナップルほど無いので食べやすいです。少なくともパイナップルとは違う果物ですが、もう少し主張がある味でも良いのではないかと思います。

カニステルは芋みたいな澱粉質。キメが細かくて食べやすいけど、果物というより主食っぽいですね。ドリトル先生に「月世界の人の主食」とか言って出てきそう。しかし、この果物がその辺に生えてたら、ホントに働かなくても喰って行けるんじゃないだろうか。

どちらも初めて食べたけど、残念ながらまたすぐに食べたくなるという味ではありませんでした。やっぱり品種改良されたみかんやりんごってすごいのね。

| コメント (0)

2011.01.09

鎌倉で結婚式

従姉妹のですが。

母親と叔母と三人で鎌倉へ。湘南新宿ラインを使うと一本で着いてしまうのですね。意外に近い。
少し早めに着いたので、まずは北鎌倉駅の目の前にある円覚寺へ。

Enkakuji temple
山門。北条時宗が元寇での戦没者の菩提を弔うために作った寺だそうで。多少なりともモンゴルと関わりのある身としては若干複雑な気分です。

Tree
でかい木がありました。結構な昔から生えてるんでしょうなあ。

Ume-plum flower
一月上旬ですがもう梅が咲き始めています。ちょっと気が早いのでは。

Plum flower
一輪だけ、しっかりと開いていました。明日にはもっと咲くのかな。

Garden
池は少し凍っていました。昨日都庁の展望台から見た景色もそうだったけど、なんだか日光の反射がすごい。

Tea ceremony
お茶を頂きます。敷物の赤が鮮やか。もうちょっと彩度を上げて…とかやりはじめると多分止まらなくなるのでjpg撮って出しです。

Mitsumata tree
ミツマタ。和紙の原料として有名ですが、つぼみがこんなにモコモコになるのね。名札を見ずに木の種類が判った母親はすごいと思った。

Temple grounds
境内。かなり広い寺です。谷間を一つ占有しているみたい。

Ume apricot flower
紅梅もありました。こちらは結構咲いてたなあ。

Bamboo
竹林を見上げながら尾根筋へ上がります。まあ、山という程ではないけれど。後光のように陽が差していたのだけど、写真だと写らないな。腕が悪いのか。

Mt Fuji (very small)
尾根筋からは遠くに富士山が見えました。GRはズームできないのでこういう時は何だか判らないですな。真ん中あたりに薄く映っているのですが。

Downstairs
階段下って寺を出ます。そろそろ従姉妹の結婚式へ。

Ryokan-Japanese inn
会場は、鎌倉市内の日本旅館でした。日本旅館といいつつ建物は和洋折衷らしい。

Ryokan-Japanese inn
ドラえもんで金持ちの家として出てきそうなたたずまい。最近のドラえもんは違うのかな?

wedding cake
ウェディングケーキはその場で飾り付けしていました。最後に切り分けて食べましたが、クリームがそんなに甘くなくておいしいケーキでした。

Japanese tea-ceremony dishes, antipasto
僕は人の写真はほとんど撮らないので、かわりに料理の写真でも。コースは懐石料理をアレンジしたものだったみたいですが、うまかった。

Japanese tea-ceremony dishes, vegetable antipasto
刺身かと思ったら、全て野菜で作った前菜。

Japanese tea-ceremony dishes, sashimi
こちらはお刺身。イカが意外とうまかった。

Japanese tea-ceremony dishes, lobster
焼き物。なぜかローストビーフ。そういえば肉はこれだけだったかも。

Japanese tea-ceremony dishes, pudding
茶碗蒸しですが、底にチーズが沈んでいました。ちょっとびっくりしましたが、これがまたうまかった。

Japanese tea-ceremony dishes, steamed food
こちらは普通に和風の煮物。射込みのゴボウがえらく太い。

Japanese tea-ceremony dishes, tempura
白子とモチと何かの山菜の新芽の天ぷら。これもきちんと暖かくてうまかった。熱い冷たいがきちんとしてるだけで十分な気もします。

Japanese tea-ceremony dishes, rice and miso soup
ご飯と味噌汁。赤飯なのは結婚式だからでしょうか。

Japanese tea-ceremony dishes, sweets
フルーツのふりをした和菓子。とすると水菓子とは言わないのか。しかし、随分沢山の皿が出てきましたが、どれもウマかったです。満足。


寺と食べ物の事しか書いていませんが、本来の目的は従姉妹の結婚式でした。お幸せに(・∀・)

| コメント (0)

円覚寺

円覚寺
北鎌倉駅そば。北条時宗の墓があるそうです。

| コメント (0)

2011.01.08

新宿

新宿
明日、従姉妹の結婚式なので北海道の叔母が来ています。新大久保で韓国料理を食べました。
食後、僕は一人で都庁の展望台へ。冬とは言え太陽がまぶしい…
西の方って高層ビルは余りないですね。

| コメント (0)

2011.01.05

宗谷岬で年越しを

年末年始にかけて、久し振りに北海道に行きました。主な目的は祖母に会う事と大晦日を宗谷岬で過す事。流石に往復は飛行機、移動は青春18きっぷを使ってJRです。旅行中に何度か携帯から更新していたので、そのまとめのような感じで簡単に。

12/27:東京から飛行機で千歳、特急で伊達紋別、バスで祖母の所へ

より大きな地図で 2010.12.27 を表示
朝9:30に羽田を飛行機で出発、11時過ぎに千歳空港に着きました。祖母の所へは伊達紋別からバスで行くのですが、時間がタイトなのでここだけは特急を使います。

hokkaidoh
南千歳駅。久々の雪景色に黄色いのも嬉しそう(?)

hokkaidoh
もう着いた。特急だと流石に早いですね。この日は祖母の所で一泊。


12/28 伊達紋別~苫小牧~様似

より大きな地図で 2010.12.28 を表示
さて青春18きっぷを使って移動開始。鈍行の旅です。

hokkaidoh
汽車はひたすら海沿いを走ります。北国独特の低い太陽が照らしています。

hokkaidoh
東室蘭駅。いい天気ですね。

hokkaidoh
汽車を乗り継いで苫小牧から日高本線へ。この先はJRで行くのは初めてです。

hokkaidoh
ひたすら海沿いを走ります。日が暮れてきた。

hokkaidoh
ここは静内。かなりの人数が降りました。僕は終点の様似に真っ暗になってから到着し、ホテルで一泊しました。


12/29 様似~苫小牧~岩見沢~旭川

より大きな地図で 2010.12.29 を表示
今日は汽車を三本乗り継いで旭川へ。

hokkaidoh
様似の街からは海へ落ちる日高山脈が見えます。この先は鉄道は通っていません。

hokkaidoh
朝8時の汽車で来た道を戻ります。明るいうちに牧場を通ると馬が見えました。寒かろうに。

hokkaidoh
苫小牧着。北国の駅という風情です。

hokkaidoh
乗り換えて岩見沢。ここから内陸に入ります。

hokkaidoh
もう一度乗り換えて辿りついた旭川駅は、最近改築したらしく壁に貼られた木材が素敵でした。ここだけでなく、JR北海道の駅は公民館や図書館が併設されていて、居心地の良い空間になっている事が多いように思います。

hokkaidoh
晩御飯は旭川ラーメン。ベタですが、実は旭川で泊った事ってないもので。しかし暗くなってから着いて明るくなる前に出発してしまうのは残念です。


12/29 旭川~稚内

より大きな地図で 2010.12.30 を表示
旭川から稚内へ。

hokkaidoh
朝6時の汽車に乗るので起きたのは4時半。まだ真っ暗。せめて旭川の風景を見たかった。

hokkaidoh
今日は稚内まで直通の汽車なので、6時間ひたすら乗っているだけです。もう名寄。

hokkaidoh
音威子府。いかにも雪国の駅といった風情。

hokkaidoh
天塩川。これ、白黒モードで撮ったわけじゃ無いんですが。

hokkaidoh
そんなこんなで、やっと稚内駅まで着きました。いつもここで写真を撮ってますね。しかしどうも稚内駅も建て直すらしく、この看板も無くなってしまうのかしら。

hokkaidoh
最北のホテルで一泊。ビルの屋上に温泉がある、よい宿でした。

12/31 宗谷岬
実は稚内市街から宗谷岬は30km程あります。路線バスが出ていますが、1/1は全便運休。つまり行ったら帰ってこれない。歩いて行く猛者もいますが、僕は一般人なのでレンタカー借りました。鉄道+レンタカーは便利ですなあ。

hokkaidoh
で、あっという間に宗谷岬。今回のもう一つの目的である、宗谷岬でキャンプして年越しです。
…というかテント変形してますけど。こんなに風が強いとは思わなかった。夏には何回も来ているけど、風が強い印象は無かったのですが。


テントの中でもこんなに風を感じるとは。

hokkaidoh
で、結局20人位の人がキャンプしながら年越しをしました。バイクが10台程、自転車が一台、稚内から歩いてきた人が5人程。よくやるなあ…
僕は車があったので、ラジオで紅白聞いたり携帯充電しながらツイッターしたりしてました。旅人の風上にも置けないかも?


2011.1.1 宗谷岬~札幌
風は一晩中吹き続けました。というか、岬に来てから帰るまでずっと。気温は-1℃と暖かいですが、風が強いので体感温度はかなり低いです。まあ仕方無い。
hokkaidoh
バス停裏の坂道を上がると丘の上に出ます。雲が無ければサハリンが見える筈なのですが。

hokkaidoh
逆光は勝利。

hokkaidoh
丘の向うには、どことなくモンゴルを思わせる風景が広がっていました。

hokkaidoh
記念写真も撮らないと。間宮林蔵略してまみりんと共に。

hokkaidoh
これもお約束。しかし実は凄まじい風で黄色いのが飛ばされないか不安でした。


で、この日は稚内でレンタカーを返した後、札幌まで8時間、延々と汽車を乗り継いで叔母の家まで帰りました。
翌日1/2には飛行機で東京へ。日常の中へと戻っていきましたとさ。


毎年大晦日に宗谷岬に集まる人達がいるというのは聞いていました。ひょんな事から自分もそれに参加してみましたが、思ったよりも寒くはありませんでした。ただ、風が強いのには閉口。冬キャンプは好きなので久し振りにできて楽しかったのですが、次はもっと気温が低くてもいいから、雪があって風の吹かない所に行きたいものです。

| コメント (0)

2011.01.01

名寄で乗り換え

名寄で乗り換え
稚内から鈍行で札幌に向かいます。一両だけの汽車はザック背負った旅行者で満員。座れません。こんなに混むのか。

| コメント (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
2011年の正月は宗谷岬で明けました。雪は無く気温は0℃前後で暖かかったですが、凄まじい風でした。バイクや車や自転車や徒歩で年越しに来た人は20人程。結構いるものですね。

今日は汽車で札幌に戻ります。名寄行きの鈍行は混んでいて、座れない人もいます。びっくり。

| コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »